【終了】Go to Eatってどういう仕組み?実際に使ってみた感想も含めてレビューします

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

※Go to Eatキャンペーンの新規予約は終了しました。取得したGo to Eatポイントは期限まで利用できます。

Go to Eatってどうつかうの?

現在コロナ禍で旅行は夢のまた夢・・・。せめてもの楽しみは外食くらい!せっかくなのでお得なGo to Eatを使ってみたいけれどもいったいどうやって使うのか?Go to Eat クーポンに対応しているサイトを比較しながら自分にあったお得なポイントの使い方を調べてみました。


基本的な使い方

  1.  Go to Eat 対象サイトで「予約」をする
  2.  予約店で食事をする(予約対象外のメニューもあります)
  3.  後日 同サイトで使えるポイント が付与される

Go to Eat ポイントがつくグルメ検索サイト

Yahoo ロコ!

期間
2020年10月1日(木)~ 2021年3月31日(水)
(ポイントの配布は2021年1月31日(日)まで。利用期限は2021年年3月31日 まで)

主な飲食店
鳥貴族、安楽亭、温野菜などのチェーン店などが多い

付与日
飲食した日から7日後

付与ポイント
ランチタイム  500ポイント
ディナータイム 1000ポイント
(Yahoo ロコ!でのみ利用できるポイント)

キャンペーン
Go to Eatの初回利用で、PayPayボーナスが20%付与されます。(飲食日の翌月下旬)

ホットペッパー

hotpepper

期間
2020年10月1日(木)~ 2021年1月31日(水)
(ポイントの利用期限は翌々月末まで)

主な飲食店
東京だけでも10000件以上の店舗が対象となっている。

付与日
飲食した日から8日後

付与ポイント
ランチタイム  500ポイント
ディナータイム 1000ポイント
(ホットペッパーグルメでのみ利用できるポイント)

キャンペーン
キャンペーンにエントリーでGo to Eatポイントに加えてランチタイムで200ポイント、ディナータイムで450ポイントが付与されます(来店日の翌月15日ごろ)

ぐるなび

期間
2020年10月1日(木)~ 2021年1月31日(水)
(ポイントの利用期限は60日)

主な特徴
楽天ポイントと連携できる

付与日
飲食した日から8日後

付与ポイント
ランチタイム  500ポイント
ディナータイム 1000ポイント
(ぐるなび(注1)でのみ利用できるポイント)
  注1 ぐるなびと楽天ポイント を提携させていると楽天ポイントが入ります

キャンペーン
キャンペーンにエントリーでGo to Eatポイントに加えて楽天ポイントがもらえます。詳細はキャンペーンページへ。

食べログ

期間
2020年10月1日(木)~ 2021年1月31日(水)

主な特徴
2020年3月31日まで期間限定Tポイントとして使えます

付与日
飲食した日から8日前後

付与ポイント
ランチタイム  500ポイント
ディナータイム 1000ポイント
(期間限定Tポイント)

キャンペーン
特になし

Go to Eat キャンペーンをつかってみた感想

我が家ではYahooロコ!を使ってしゃぶしゃぶ温野菜での食事に利用しました。Go to Eatポイントを得るためには予約が必須のため、サイトで掲載されていたコースを選択しましたが席のみ予約でもポイントはもらえるため席だけ予約してメニューは現地で決めた方が得策のような気がします!

ポイントは掲載通り7日後にきっちり付与されていました。初回限定ポイントは翌月の下旬のためまだ確認できていませんが20%がPayPayでもらえるのは大きい気がします。

上記店舗以外にも、一休.comOzmall などでも利用できます。通常のGo to Eatポイントの他に割引キャンペーンを行っている店舗もあるのでチェックしていいお店があったら利用してみてもいいかもしれません。

使ってみるまではかなりわかりにくい仕組みなように感じましたが、普通に飲食するだけで一人当たり1000円相当のポイントがもらえるのは大きいと思います。また付与までの期間も一週間前後なのお安めのお店で繰り返し使うのがお得かな!と感じました。

サイトごとに利用できるポイントやキャンペーンが変わってくるので、予約をする前にGo to Eat説明ページを一通り読んでから予約をするのがおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました